弊社は国土交通省から「西日本災害豪雨における芦田川洪水痕跡跡等調査(その2)業務」のご依頼を受け、7月7日早朝より調査を開始いたしました。


目視の氾濫跡調査に加え、ドローンを使用し浸水エリアの範囲の確認を行うと同時に被災状況の映像情報を事務所に届けるという業務が主な内容でした。
これらの迅速な対応が、災害復旧の応急対策・応急復旧並びに支援活動に大きく貢献したと評価され、国土交通省中国地方整備局長より災害対策関係功労者として感謝状をいただきました。

復旧に向けた業務はまだまだ続いておりますが、今回の功労者表彰は業務に従事した社員にとって励みになります。

これからも最新の技術を投入し、迅速でより効果の高い災害対策に取り組みます。