岡山科学技術専門学校の要請で、外国人留学生4名のインターンを受け入れました。


12月21日、22日の二日間にわたり、計4名の学生に測量の研修を行いました。




座学で、業務の開始から終わりまでのことが記載された書類(「業務計画書」といいます)を見せて、実際の仕事の流れを解説します。




このあとは、屋外で測量機器を使う実習と、ダムの見学に行ってきました。




授業で使っている測量機器と業務で使用するものとの違いに、非常に興味を示していました。




卒業後、それぞれに進む道を考えていると思いますが、測量の役割と大切さ、ダム見学を通して土木構造物の重要性や雄大さなどを感じてもらい、将来の夢をふくらませて生かしてくれたらうれしいです。



4名の皆さん、大変まじめで熱心な学生でした。