5月12日(木)~14日(土)にかけて広島市平和記念公園内『平和の灯(ともしび)』モニュメントの健全度調査ボランティアに参加しました。

(主催:広島県コンクリート診断士会
・ コンクリートコアを採取し、
 塩分含有量測定
 中性化深さの調査
 圧縮強度試験を行います。


・ コンクリート表面のひび割れや塗膜の調査を行い
 赤外線サーモグラフィー及び
 打音検査によるコンクリートのうき箇所の調査
 電磁波レーダー及びX線透過による配筋調査
 自然電位計測による鉄筋腐食調査を行いました。


・ UAVによる空中撮影
 多視点画像解析による3D映像化
 3Dレーザースキャナーによる三次元図面の作成を行いました。

中国新聞 平成28年5月13日掲載

中建日報 平成28年5月17日掲載

今回の調査結果は、広島県コンクリート診断士会に所属する会員各社が様々な調査を分担し議論を重ねた後に、8月を目処に広島市に対して報告する予定です。